口腔外科・矯正歯科

口腔外科

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

顎が小さくなった私たち現代人は、親知らずが正しく生えずに、他の歯や歯ぐきが悪影響を受けていることがあります。
その場合は、親知らずを抜歯した方が、お口の健康に良いこともあります。
以下に該当する方は、当院にご相談ください。

●親知らず周辺に痛みがある、腫れがある

隣の歯、周囲の歯ぐきを圧迫していることがあります。歯並びを乱したり、炎症を起こすリスクがあります。

●痛みがあるが、数日で治まる

痛みが悪化する可能性が非常に高い状態です。重症化する可能性がありますので、早めにご相談ください。

●レントゲンなどで、親知らずが真横、斜めになっていると指摘された

歯科用CTで精密検査を行ったうえで、処置を行っています。

●親知らず、または 隣の歯がむし歯になった

親知らずが原因で、ブラッシングが難しくなり、むし歯ができることがあります。再発を防ぐためにも、抜歯を検討します。

●親知らずが伸びてきている、中途半端に生えている

親知らずがぶつかるものがなく長く生えてきてしまった場合、中途半端に生えてきてしまった場合は、ブラッシングが非常に難しくなります。むし歯、歯周病予防のために抜歯が必要な可能性がありますので1度口腔外科出身の院長にご相談ください。

CT検査による親知らずの確認

CT検査による親知らずの確認

埋まっている親知らずの抜歯の前には、CT検査を行います。親知らずの状態や神経の位置を確認することで、安全な抜歯処置が可能になります。
また、歯の根の数、形状を事前に詳しく知ることができますので、抜歯処置の時間も短くなります。スピーディな処置により、抜歯後の痛み・腫れを抑えられます。

口腔外科の経験が豊富な院長が対応

親知らずの抜歯やインプラントなど、口腔外科の治療経験が豊富な院長が対応します。高度な技術と、予期せぬトラブルへの対応力で、患者様の安全をお守りします。

外傷

スポーツや事故などによって歯が折れた、抜けた、顎の骨が折れたかもしれない、という場合にはできるだけ早くご連絡ください。適切な対応をお伝えします。また、来院後は、急患として優先的に治療を行っています。抜けたり折れてしまった歯でも、適切な処置を行うことで歯の再植、保存が可能です。
その他、唇や舌を切ってしまった(口唇歯肉裂傷)、唇の水ぶくれ(粘液嚢胞) にも対応いたします。

顎関節症

顎からカクカク音がする、口を開けづらいといったときには、顎関節症を疑います。顎の骨や筋肉の左右差から、肩こり、腰痛、頭痛などの症状を伴うこともあります。
当院では、患者様のスポーツ歴、特別な職務歴などを丁寧にヒアリングすることから始めます。歯ぎしりの有無も重要なポイントです。
原因に応じた治療をすることで、効率よく、また再発を防ぎながらの症状改善が可能になります。
治療では、咬み合わせ改善、ナイトガードの使用などを行います。

矯正歯科

矯正歯科

当院では、矯正歯科のご相談も受け付けています。歯並びの乱れでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。